お着物用語集(一部)

袷(あわせ) 裏付きのお着物。
裏は腰から上の胴裏と裾裏の八掛に分かれている。
行灯袴(あんどんばかま) 袴の種類。
筒状(スカート状)で股のマチが無い袴の事を言う。
馬乗り袴(うまのりばかま) 袴の種類
行灯型と違い、股下のマチがあるズボン状の袴。
昔は男物の袴=馬乗り袴ですが、現在の男袴の礼装は行灯型。
上前(うわまえ) 着物を着た時に上に来る部分。
襟芯(えりしん) 長襦袢に縫い付けた半襟の裏側に通す細長い固い芯
襟の形を整える為に使います。
SD用は半襟の裏に接着芯で代用してあります
おはしょり 女物の着物は身丈よりも長く仕立てられています。
裾位置を決め、お腹で紐を結んで着ますが
おなか回りで折りたたまれた部分。
聖魔離宮の女の子用着物はおはしょりをザク縫いで仮止めしてあります。
ちなみにおはしょりを取らずに着るとおひきずり
帯揚げ(おびあげ) 女帯を結ぶ時に帯羽根を固定する為に使う細長い布。
帯の上に結びます。
帯締め(おびじめ) 女帯を結ぶ時に帯を固定する為に使う細長い紐。
帯の中央に結びます。
布で綿を詰めて作る丸ぐけ、丸い組紐の丸組み、平べったい組紐の
平組等種類は様々
着流し(きながし) 男子の正装、羽織、袴を着けた姿ではなく
羽織&袴を着けない着物姿の事。
金襴(きんらん) 金糸、銀糸を用い文様が浮き出るように織られたもの。
能衣装や女帯等
軽装帯(けいそうおび) 胴に巻く帯とお太鼓が別々に仕立てられた帯。
帯結びが苦手な人の強い味方?(爆)
つけ帯とも呼ぶ
腰紐(こしひも) 着物の着付けに使う平べったく細長い紐。
しつけ 折り目を固定する為に袖口〜袖裾、着物の裾等に縫われている白い糸
着る前に外しましょうね。
襦袢(じゅばん) 着物の下に着る肌着。
肌の上にまず着る汚れ防止の筒袖の肌襦袢。
その上に着る長襦袢など種類はありますが、
SDは人間と違って汗をかかない為肌襦袢は省略してあります。
着物の袖口等から長襦袢をチラリと見せて着物との色合わせを楽しむのが
お洒落
正絹(しょうけん) 絹100%の事です。
伊達襟(だてえり) 昔上物の着物は2枚重ねて着るものでした。ですが着物の2重重ねは重い(苦笑)
2枚重ねを省略して襟の部分にのみ、2枚重ねに見えるように襟の内側に重ねた
襟のこと。
重ね襟とも言います。
足袋(たび) 一言で言うと和装用の靴下。ですね
礼装の場合は白ですが、普段着用には柄や色のある柄足袋を履いて
お洒落を楽しんだりします。
反物(たんもの) 大人用の着物1着分の長さのある布。一巻きを「一反(いったん)」と呼びます
大体幅36〜38cm位、長さは12〜16Mと言った所です。
子供用は8〜9M
乳(ち) 羽織の紐を通す為襟につけられている小さな輪
羽織(はおり) 着物の上に着る上着。
一般的な長さはお尻が隠れるほどの長さ。
膝辺りまでの長羽織などもあり。
羽織は襟を折り返して着、脇から中央に向かって斜めに長く仕立てられています。
コレを「前下がり」と呼びます。
半襟(はんえり) 長襦袢の襟に縫い着ける汚れ防止の布。
着る着物との色合わせを楽しむのがお洒落。礼装の場合は白
単(ひとえ) 裏布の無い1枚布の着物。
一つ身(ひとつみ) 産着を初め1〜2歳の子供が着る着物の総称
比翼仕立て(ひよくじたて) 伊達襟にも記載しましたが、本来上物の着物は2枚重ねで着るものです。
2枚重ねて着ている様に見えるように襟、袖口、袖の振、裾に2枚目の
同じサイズの着物を縫い付ける仕立て方法。
取り外しが出来るようになっているものを「付け比翼」と呼ぶ
ふき 着物の裏布を数ミリ出す袷の仕立て方法。袖口、裾に用いる
袖口は袖ぶき、裾は裾ぶきと呼ぶ
振袖(ふりそで) 未婚女性の第一礼装で、袖丈の長い着物
裾が地面すれすれあたりまである大振。
膝あたりまでの長さの中振袖、小振袖、等。袖が長い方が格調が高い
三つ身(みつみ) 3歳〜5歳までの子供用着物の総称
身八つ口(みやつぐち) 女着物の袖付け部から腰あたりまでの脇の開いた部分の名称
男着物にはこの身八つ口が無い
無双仕立て(むそうじたて) 表・裏地とも同じ生地を使って仕立てる袷着物の仕立て方の名称
長襦袢の袖や羽織に用いられる
浴衣(ゆかた) 本来湯上り用の単の着物。今では夏用の着物として着られる
四つ身(よつみ) 12歳くらいまでの子供用着物の総称
絽(ろ) 隙間ができるよに織られた透け感のある夏用着物。
夏用着物地は絽のほかにも羅(ら)紗(しゃ)等もあり