お嬢様の着付け方
〜長襦袢の着付け方〜


用意するもの 
 長襦袢・腰紐1本

腰紐は軽く結んだ状態でお届けしています。
着付けの前に腰紐のすぐ使える様に結びを外しておきましょうね。


(1) サドルスタンドに立たせ、
長襦袢を羽織らせます。
キチンと手が袖から出ているか確認してください。
(2) 長襦袢の左側を内側にあわせます。
この時に裾(黄色い矢印の部分)を
少し持ち上げるようにしましょう。
(3) 着崩れをおこさないようにしっかり抑えます。
この時に左側の襟の裾と右端部分(2の赤矢印部分)
を綺麗に体に巻きつけておきましょう。
綺麗に巻きつけておかないとその部分だけ
モコモコしてしまいますので。
(4) 長襦袢の右側を多少引っ張りながら合わせます。
紫の矢印部分は喉の窪みの上を交差する様に
キッチリと合わせてください。
長襦袢の襟は着物のスタイルを大きく左右する部分です。
この時点で綺麗に合わない場合は腰紐を結んでから
空いている脇から指を入れて引っ張って形を整えるのも可。
(5) 左手で矢印の青の部分をしっかり押さえながら
右手で腰紐の真ん中を持ちずれない様に注意しながら
腰紐を前から後ろへ一旦巻きます。
(6) 後ろへまわした腰紐を後ろでしっかりと
交差させ再び前へ。
少しきついくらいにしっかりと交差させましょう。
ゆとりがあると着崩れます(^^;)
(7) ずれない様に注意しながらで結びます。 (8) しっかりと蝶結びを結んでください。
必ず脇で結ぶようにしてください。
お腹の前で結ぶと帯を結んだ時に腰紐の厚みで
お腹がぽっこりと出ます(T_T)
(9)裾はこんな感じ。
(2)の時点で左内側の裾を少し持ち上げる感じで
着付けていくと内側の裾がきちんと隠れます。
ちなみに内側の裾は外側の裾と同じラインにあります。
内側が少し上がっている訳ではないんですよ。
(失敗例・笑)
襦袢の襟に気を取られて裾に注意を払っていないと
こうなります(T_T)
襦袢の襟を綺麗に合わせるには少し下げるように
着付けると楽ですが、下げる事によって内側の裾が出て
しまいます。
襟を下げつつ裾を上げる。
この辺は慣れです。頑張って(><)
(10)裾が綺麗に整えられたら、今度は後ろ。
背中が寄れてシワになっているので左右に少し引っ張って
シワを整えてください。
この時にお嬢様を持ち上げて方向転換させるのではなく
スタンドの土台をクルリと回して方向転換させるように
しましょう。
その方が楽ですし着崩れもしません。
土台を回す事によって床などにスタンドで傷が付く場合があります。
予めスタンドの下に薄いタオルなどを引いておくのがお薦め。
(11)背中のシワを整えるとこんな感じです。
見た目も綺麗ですっきりしてます。
(12) 最後に襦袢の襟を後ろから矢印の方向に
少し引っ張り形を整えます。
引っ張るのは指一つ分+αくらい。
(13)襟の形を整えて横からみたらこんな風になります。